Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

MENU
整形外科で治す目の下のたるみ

整形外科での目の下のたるみ

女性にとって美容とはきってもきれない縁でつながれているのではないでしょうか。お肌の美白、シミをとりのぞく、脂肪吸引このほかにもさまざまな治療があり、きになるところをあげるときりがありません。その中で誰にでもかならずくるものの代表は目の下のたるみではないでしょうか。

目の下のたるみはなぜなってしまうのでしょう。若い時そんなものになるなんて考えもしなかったものがある日鏡を見てびっくりする日がくることでしょう。目の下のたるみがなぜおこるのかしらべてみました。目の周りには多くの筋肉があります。その筋肉が老化とともに衰えていきます。そして、地球にはかならず重力があります。なので老化で筋肉が衰えて重力に負けて皮膚がしたにさがってしまう、これが目の下のたるみの原因なのです。

目の下のたるみには目の下専用のパックをはったり、高い美容液をぬったりして肌のはりを戻してみたりしてなんとか家で自分でがんばってみてもどれはいいけれど、なかなかおもうようになおらないものではないでしょうか。そんな人には思い切って整形外科にかようのもいいでしょう。どんな手術をして目のたるみををりのぞくのでしょうか。調べてみてとてもびっくりさせられました。なんと目の下の皮をぐるっと逆に裏返して、少しだけ切開して目の下のたるみの原因になっている皮膚のしたの脂肪を取り除きます。少しの傷ですむので手術の時間も短くすむし、傷の治りも早い上に皮膚をひっくり返して行うので傷が見えないのです。人によってことなるようですが、2〜3日痛みや腫れがでてしまいますが時期に収まるのであまりにも長く続かない限りは大丈夫でしょう。ちなみに一番整形手術を行うにあたってきになるうちのひとつが料金ではないでしょうか。調べてみると平均ですが一回の手術で200、000万円ほどだそうです。手術をせずにヒアルロン酸を注入する注射だと一回60、000円ほどかかりますが人によっては一回だけではそんなに効果が長く続かなかったり、あまり変わらない人もいるそうなので、ちゃんと目の下のたるみを治すには目の下のたるみの原因になっている脂肪を取り除かないといけないというわかなのです。